スマートフォン版へ

【阪神JF】シェーングランツ、姉妹制覇へ真価発揮だ!

  • 2018年12月04日(火) 06時00分
 「阪神JF・G1」(9日、阪神)

 姉妹で2歳女王だ。良血シェーングランツが真価発揮の時を迎える。半姉は無傷の3連勝で女王の座を射止めた、フランケル産駒のソウルスターリング。あれから2年、ディープインパクトを父に持つ妹が、姉に続き世代の頂点を狙う。

 1番人気のデビュー戦では、3コーナーで外へ膨れたことも影響して5着に敗退。しかし、続く未勝利戦では、次位に1秒6差という断トツの上がりを繰り出し、5馬身差の圧勝劇。さらに前走のアルテミスSでは、4角13番手から上がり33秒8の豪脚でライバルをごぼう抜き。良血ぶりを改めて証明し、見事に重賞初制覇を飾った。

 この中間は3本の併せ馬を含め、入念な乗り込みを消化。千島助手は「トモの緩いところがあったけど、それもだいぶ解消してしっかりしてきた。直線で外へ出してから、体がグッと沈んで走るフォームが変わってきましたね。あとは、いかにそこまで、スムーズに持って行けるかが大事」と課題を挙げつつも、確実な成長ぶりを伝える。

 粗削りな面は残しているが、“走る血統”のDNAを受け継いでいるのは間違いない。いよいよ迎える大一番。今度はいったい、どんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか-。ワクワク感は大きい。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す