スマートフォン版へ

【香港ヴァーズ】(9日・シャティン) 日本馬の近況(6日)

  • 2018年12月06日(木) 19時33分
9日(日)に香港・シャティン競馬場で行われる香港ヴァーズ(G1)に出走予定の日本馬について、6日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

クロコスミア(牝5、栗東・西浦勝一厩舎)
角馬場で運動

西浦勝一調教師のコメント
「馬は輸送にも慣れて、落ち着きがあり、良い状態です。距離も問題ありません。ゲート番号(1番)もよく、運も向いてきたので、逃げは主張したいです。このチャンスを活かしたいです」

リスグラシュー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)
角馬場で運動

矢作芳人調教師のコメント
「やっと獲ったGIのゲート番号が12番だったので、良い番号だと思います。最内でなければどこでもよかったです。追い切りの感触が良かったので期待しています」

(JRA発表)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す