スマートフォン版へ

【平成有馬列伝】わずか4センチ差で明暗を分けた99年 栗毛の怪物グラスワンダー

  • 2018年12月18日(火) 06時00分
 平成時代の有馬記念名勝負を振り返る「平成有馬列伝」。平成11(1999)年のグラスワンダースペシャルウィークの2頭が演じた、わずか4センチの鼻差で決着した激闘を取り上げる。同世代のライバル宝塚記念以来となった対戦で、競馬史に残る壮絶なたたき合いを繰り広げた。この一戦の舞台裏をグラスワンダーを管理した元調教師の尾形充弘が述懐する。

  ◇  ◇

 7月の宝塚記念グラスワンダーに3馬身差をつけられていたスペシャルウィークは、この一戦が引退レース。ゴール前は2頭の執念のぶつかり合いとなった。

 最後の直線の坂を上がったところで、グラスワンダーがわずかに抜け出した瞬間、外からスペシャルウィークが急襲する。2頭が鼻面を並べてゴールを駆け抜けた。中山競馬場のゴンドラ席からレースを見届けた尾形充弘は、敗戦を覚悟してエレベーターに乗り込んだ。

 ところが、検量室でスペシャルウィークの調教師・白井寿昭に「おめでとうございます」と言うと、「いやいや、先生の馬が勝っていますよ」と告げられた。まさか。僅差の勝負だったが、写真判定でわずか4センチ(鼻差)ながら、内のグラスワンダーが先にゴールしていた。この時、勝利を確信したスペシャルウイークの武豊はウイニングランへ。直線に入ると15万人近い観衆から“ユタカ・コール”が起こる。

 既に判定は出ていたのだが、JRA職員の計らいで、電光掲示板での表示はウイニングランを終えたあとに点灯された。検量室前に戻ってきた武豊は、馬上でぼうぜんとした表情を浮かべた。

 「すごいなと思ったのは、このあとにユタカ君から『おめでとうございます』と言われたんだ。普通はなかなかできないことだよ」

 秋初戦の毎日王冠を勝ったあと、骨膜炎のためにジャパンCを回避。限られた時間の中で、スタッフとともに懸命に仕上げた。

 「自分でキーンランドのセールまで見に行って選んだ馬だし、グラスワンダーとともに駆け抜けた50代だったね。鼻差勝ちだったけど、この年の2月に亡くなった尾形パパ(父の尾形盛次元調教師)の目に見えない後押しを感じました。よく頑張ったなと、競馬の神様がご褒美をくれたんだと思います」

 今年4月27日、永遠のライバルスペシャルウィークが天に召された。尾形はグリーンチャンネルの番組で北海道に赴き、スペシャルウィークの生まれ故郷である日高大洋牧場で花を手向けた。そして新冠のビッグレッドファーム明和を訪れ、23歳になったグラスワンダーに再会した。

 「牧場で非常に大切にされて、年齢の割には馬体に張りがありました。うれしかったですね」

 やっぱりワンダーホース。90年代の最後を力強く疾走した栗毛の怪物は、その威厳を失ってはいなかった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す