スマートフォン版へ

【有馬記念】レイデオロ納得2着 ルメールはサバサバ

  • 2018年12月24日(月) 06時00分
 「有馬記念・G1」(23日、中山)

 3番人気の3歳馬ブラストワンピースが力強く抜け出してV。多彩なメンバーがそろったグランプリを制し、待望のG1初制覇を飾った。鞍上の池添は単独トップとなる有馬4勝目。大竹師はうれしいG1初制覇となった。2着に1番人気レイデオロが入り、3着が9番人気のシュヴァルグラン武豊騎乗で話題を集めた、“障害の絶対王者”オジュウチョウサンの果敢な挑戦は9着に終わった。

 レース運びはもくろみ通り。ただ、雨雲がやってくるのが早過ぎたのかもしれない。勢い良く突き抜ける勝ち馬を、外から懸命に追う1番人気のレイデオロ。詰めてはいた。しかし、首差届かず2着に終わった。

 ルメールはサバサバと振り返る。「完璧なレースだった。勝ち馬をマークしたけど、3〜4角の馬場が悪くなって柔らかかったね。反応が遅れてしまった。最後まで頑張って、精いっぱい走っていた」。悔しいには違いないが、自分の仕事をやり切った自負も口調ににじむ。

 藤沢和師も見解は同じだ。「競馬は良かったよ。馬場が緩いのもあるけれど、反応が遅くて。3角で勝ち馬が動いた時について行けずに2馬身くらい置かれたね。もう少し、持久力勝負になるといいんだけど」。そして鞍上と指揮官が口をそろえた。「きょうはハービンジャー(産駒向き)の馬場だった」。しぶとさがものをいう条件がアダになった。

 ファン投票1位を背負い、堂々挑んだ平成最後のグランプリはほろ苦い結果に。しかし、力負けでもなければ、ダメージが残るアクシデントに見舞われたわけでもない。明けて5歳のシーズンは、必ずや一層の輝きを放ってみせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す