スマートフォン版へ

【ホープフルS】サートゥルナーリア驚異の伸び 2歳馬離れの完成度に陣営絶賛

  • 2018年12月25日(火) 06時00分
 「ホープフルS・G1」(28日、中山)

 デビュー2連勝のサートゥルナーリアが24日、栗東坂路で万全の態勢をアピール。軽く促された程度でラスト1Fは11秒9と、2歳馬離れした脚力を披露した。エピファネイアリオンディーズを兄に持つ超良血。史上3組目の3きょうだいG1制覇なるか注目だ。ヴァンドギャルドも同坂路で軽快な脚さばき。大一番に向けて好仕上がりがうかがえた。

 全休日の栗東で馬場入りを許されたのは、ホープフルS出走馬のみ。閑散とした坂路を、サートゥルナーリアが力強い蹄音を響かせて駆け上がってきた。道中は外ラチ沿いを馬なり。残り1Fでフワッとしかけた際に肩ムチこそ入ったが、それをゴーサインに一気にギアを上げた。4F52秒5-37秒6-11秒9。鋭い末脚を見せつけ、最終リハを終えた。

 騎乗した吉岡助手は「頭数が少なくて物見しながらでしたが、強め程度で気を抜かさず、緊張感だけ続くようにしました。それでこの時計。素晴らしい」と賛辞を惜しまない。現在、新馬戦-萩Sを連勝中。「放牧に行って帰ってくるたびに、筋肉もつくべきところについてきた」と心身ともに上積みを感じている。

 母は日米オークスシーザリオ。厩舎の先輩でG1馬の兄エピファネイアリオンディーズとの比較でも全く遜色はないという。「肉体的にも精神的にも1年先を行っている感じ」と2歳馬離れした完成度に驚嘆。「みんな能力は高いけど、この馬は大人びている。こちらの指示を待てますよね」。操縦性の高さなら兄たちより上、という評価だ。

 舞台の中山2000メートル戦も「体幹が強いので、タフな中山の馬場は有利に働きそう。コーナー4つで息を入れられた方がいい」と歓迎する。同助手は先日、調教師試験に合格し、担当として携わるのは今回が最後。「この馬は厩舎の宝物。みんなで大事にやって行ければ」。史上3組目の3きょうだいG1制覇を果たし、最高の形でバトンをつなぐ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す