スマートフォン版へ

【JRA】ネオリアリズム引退、豪州で種牡馬に 2017年クイーンエリザベス2世C覇者

  • 2018年12月26日(水) 18時01分
 2017年のクイーンエリザベス2世C(香港G1)を制したネオリアリズム(牡7、美浦・堀宣行厩舎)は、26日付でJRAの登録を抹消された。今後はオーストラリアで種牡馬となる予定。

 ネオリアリズム父ネオユニヴァース母トキオリアリティーその父Meadowlake。半兄にもGI馬リアルインパクトや、重賞勝ち馬アイルラヴァゲインがいる血統。キャロットクラブの募集馬で、募集時の価格は4000万円(一口10万円)。

 重賞は、2016年の札幌記念、2017年のクイーンエリザベス2世C中山記念の3勝。国内でのGI勝ちはないが、札幌記念では僚馬のモーリスを破っている。

 通算成績は22戦8勝(うち海外4戦1勝)。獲得賞金は4億4332万8100円。8月19日の札幌記念(14着)がラストランとなった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す