スマートフォン版へ

【地方競馬】スパロービート産駒が初勝利、川崎5Rでグローリアスサードが優勝

  • 2019年01月01日(火) 14時30分
 1日、川崎競馬場で行われたタンチョウ賞でグローリアスサード(牝4、川崎・高月賢一厩舎)が1着となり、スパロービートの産駒が中央・地方を通じての初勝利をあげた。

 グローリアスサードは父スパロービート母ヌードゥフランスその父ヒシアリダーという血統。これまでに3度の3着があり、あと一歩勝ち切れない競馬が続いていたが、13戦目で待望の初勝利をあげた。

 スパロービート父サウスヴィグラス母ショウナンルビーその父パークリージェントという血統。現役時代は川崎の高月賢一厩舎の管理馬。2008年9月の秋風スプリントから2009年5月のゴールデンスプリントまで船橋で6連勝を果たし、続くダートグレード競走の北海道スプリントCでも、ヴァンクルタテヤマの3着に入った。

 引退後はアロースタッドで種牡馬入り。産駒は、2015年産はグローリアスサードを含め2頭、2016年産は2頭、2017年産は3頭、2018年産は0頭(種付け頭数は3頭)。また、2018年は3頭に種付けを行っている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す