スマートフォン版へ

【京成杯】ダノンラスター迫力の脚さばき 陣営も納得「力出せる」

  • 2019年01月11日(金) 06時00分
 「京成杯・G3」(14日、中山)

 母プリンセスオブシルマーは13年ケンタッキーオークスなど米G1を4勝。良血ディープ産駒ダノンラスターが10日、沈み込むような脚取りで美浦Wを駆ける。鞍上に仕掛けられながらマークした時計は4F55秒8-41秒3-13秒5。数字上は目立たなくとも、迫力満点のフットワークが万全の気配を物語った。森助手は「もともと動く方ではないが、仕上がりはいい。力を出せる状態です」とうなずいた。

 10月の新馬戦V後に挑んだ東スポ杯2歳Sは5着に敗れたが、「初戦で二千を使ってからの千八だったので、追走に戸惑っていた。直線でさばくのに苦労する場面があったし、ロスがなければ際どかったと思う。能力は見せてくれました」と悲観はしていない。

 中間は放牧に出さず在厩で調整。「器用なタイプなので、初めての中山でも問題ない。距離延長も歓迎。このメンバーに入っても通用する器だと思っています」。強気な姿勢を貫く陣営の期待度は相当だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す