スマートフォン版へ

【日経新春杯予想】元々4歳馬が強いレース 強い4歳世代から◎グローリーヴェイズ/JRAレース展望

  • 2019年01月13日(日) 07時00分
 長く正月の京都開催を彩る古馬のハンデ戦。今回で66回を迎える長い歴史の中では別定重量戦で行われていたこともあるし、2200mの距離で行われたこともあるが、近年では約四半世紀も同条件で行われているレースだ。

 ハンデ戦ではあるが、1〜3番人気馬は7勝2着8回3着1回と平穏傾向。年齢も4歳馬が延べ33頭の出走で6勝2着5回3着2回と良績を残している。明け4歳の出走馬がいなかった昨年は6歳(当時)のパフォーマプロミスが優勝しているが、それまでは4歳馬が5連勝をしていた。狙いは4歳馬だ。

 ◎グローリーヴェイズきさらぎ賞ハナ差2着で、約3ヵ月ぶりの出走となった菊花賞は後方から差を詰めて5着。ここまで大事に使われながら成長してきた。父がディープインパクトで、母系をたどれば1986年の三冠牝馬メジロラモーヌにたどり着く良血馬。勝って天皇賞へ名乗りをあげたい。

 ○ムイトオブリガードは昨秋のアルゼンチン共和国杯2着。3歳時はダート競馬でなかなか実力を発揮できなかったが、芝の長距離を使われるようになって一変した。500万下平場戦をレコード勝ちして挑んだ阪神大賞典はさすがに厳しかったが、その後は芝の2400m戦を3連勝。56キロのハンデはある意味恵まれたとも言える。

 ハンデに恵まれたという意味では準オープン格付けの▲アフリカンゴールド菊花賞はやや距離に途惑った印象だが、2400mの距離は2戦2勝。渥美特別、兵庫特別のレースふりから52キロならあっと言わせても不思議ない。

 1年半以上の休み明けでアドマイヤエイカンとハナ差の勝負をした△シュペルミエールアルゼンチン共和国杯で2番人気の支持を受けていた△ルックトゥワイスラジオNIKKEI賞優勝のメイショウテッコン宝塚記念3着ノーブルマーズは56キロなら侮れない。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す