スマートフォン版へ

【万哲の馬場予報】AJCC(中山芝)「最終週でも瞬発力は生きる芝状態」

  • 2019年01月19日(土) 18時20分
 毎週欠かさず馬場に関する情報を収集し、自身の予想に反映させるというスポーツニッポンの“万哲”こと小田哲也記者が、“予想に役立つ馬場情報”をコンセプトに、重賞が開催されるコースについて、当週の降水量・前日のレース結果等を踏まえた主観的意見から、よりライブな馬場状態を解説する。

AJCC(中山の芝傾向)】

 暮れからの連続開催の最終週とあって、中山の芝はコースの内側を中心に傷みが出てきている。先週日曜13日のオープン特別・ニューイヤーS(芝1600m)で中団差しを決めたドーヴァーが1分32秒4の好時計を記録したが、土曜は先週よりも時計はかかり、標準的な時計の出方になった。

 土曜は芝競走が5鞍施行。勝ち馬の最終4コーナーの位置は「5番手、8番手、1番手、4番手、14番手」。9R・若竹賞を逃げ切ったのは断然1番人気ヒシイグアス。レース前半3F38秒0〜後半3F34秒7の超スローに落とし、首差の辛勝。芝が傷み始めた内寄りで粘り込むのは相当な力がいる印象。

 AJCCと同じ芝外回り2200mで行われた7R・4歳上500万下は、後方から徐々に進出した6番人気サトノシャークが4コーナーで外に持ち出して差し切り。12R・4歳上1000万下(芝1600m)は9番人気ボーダーオブライフが、さらに大外から後方一気差し。開催最終週らしく、直線で中〜外を通る馬がよく伸びる。

 ジェネラーレウーノステイインシアトルの先導が予想されるAJCC。傷み始めた内寄りで果たして押し切れるのか? そう容易ではないかもしれない。11R・初富士Sでは「上がり3F33秒台」を記録した馬が4頭いて、最終週でも瞬発力は生きる設定。好位〜中団差しが届く今の芝状態は、人気のフィエールマンには絶好かもしれない。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す