スマートフォン版へ

【シルクロードS】アドマイヤムーン産駒が高適性、ディープインパクトは不振気味/データ分析(血統・種牡馬編)

  • 2019年01月24日(木) 19時00分
 27日に京都競馬場で行われるシルクロードS(4歳上・GIII・芝1200m)について種牡馬別に検証していく。

 最多となる4回の馬券絡みはアドマイヤムーン、3回でマンハッタンカフェサクラバクシンオーが続く。

 アドマイヤムーン産駒は1-2-1-3で複勝率57.1%、複勝回収率384%。昨年のシルクロードSではファインニードルセイウンコウセイフミノムーンでワンツースリーを達成している。それも4番人気、5番人気、15番人気でのもので、3連複54280円の大波乱を演出した。このレースへの適性の高さは疑いようのないところだろう。今年はセイウンコウセイフミノムーンの2頭が出走する。

 サクラバクシンオー産駒は0-3-0-23で複勝率11.5%、複勝回収率36%。3回馬券に絡んでいるとはいえ、過去には09年スプリングソング、16年ビッグアーサーが1番人気を裏切っており、相性が良いとは言い難い。

 今年、サクラバクシンオー産駒の出走はないが、孫にあたるラブカンプーが出走、上位人気が見込まれている。ショウナンカンプ産駒は過去3回出走して、10年ショウナンカザンが4番人気で2着。

 今年はダノンスマッシュアンヴァルと2頭のロードカナロア産駒が人気を集めそう。ロードカナロア自身は12年にこのレースを制している。ロードカナロア産駒の京都芝1200m成績は、先週終了時点で5-4-2-21。複勝回収率は75%なので馬券妙味はないが、複勝率は34.4%と高い。舞台適性は高く、馬券的には重視した方が良いだろう。

 ディープインパクト産駒は0-0-0-6。そのうち4頭は5番人気以内に支持されており、昨年は2番人気のアレスバローズが2番人気で11着と大きく人気を裏切っている。昨年に引き続きアレスバローズが登録しているが、馬場なり展開なりの後押しが欲しいところだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す