スマートフォン版へ

【競馬】アエロリットは9着 ペガサスWCターフ

  • 2019年01月27日(日) 12時12分
 米国の新設G1「ペガサスワールドカップターフ」(1着賞金300万ドル=約3億3000万円、米国フロリダ州ガルフストリームパーク、芝1900メートル。雨・重馬場)が26日(日本時間=27日早朝)に行われ、日本から唯一遠征したアエロリット(牝5歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)は10頭立ての9着に敗れた。勝ったのは直線で外から伸びたブリックスアンドモルタル(牡5歳、米国、56キロ)だった。勝ちタイムは1分54秒59。

 アエロリットは好スタートを切って2番手につけたが、3コーナーからズルズル後退。先行集団から大きく離され、8着馬から10馬身差でゴールした。50・5キロの斤量も生かせず、05年シーザリオのアメリカンオークス以来、日本調教馬2頭目の米G1制覇は成らなかった。

 騎乗したF・ジェルー騎手は「パドックでまたがってからレースまで、非常にいい雰囲気を感じていましたが、3コーナーから手応えが悪くなってしまいました」とレースを振り返った。菊沢師も「残念な結果となってしまいましたが、アエロリットや私にとっていい経験になりました。ここまでサポートしてくれた全ての関係者の皆さまに感謝申し上げます」と話した。

 また、父ハーツクライの日本生産馬で、昨年の米G1で2勝を挙げたヨシダ(牡5歳、米国、56キロ)は6着に終わった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す