スマートフォン版へ

【デイリー杯クイーンC】ジョディー逆襲の舞台 相性抜群の東京マイルで勝負かける

  • 2019年02月06日(水) 06時00分
 「デイリー杯クイーンC・G3」(9日、東京)

 前走の阪神JFで16着と不本意な結果に終わったジョディーが、2戦2勝と得意の東京マイルで巻き返しに燃えている。全2勝を挙げる武藤とのコンビ復活も心強い限り。世代トップクラスのスピードと勝負根性を兼ね備えたダイワメジャー産駒が、初タイトルを手にして牝馬クラシック戦線に名乗りを上げる。

 赤松賞を逃げ切って2勝目を挙げ、勢い十分に乗り込んだ阪神JFだったが、スタート直後につまずいてしまい万事休す。1枠2番の好枠を生かし、先行策での戦いをイメージしていた陣営のプランは、一瞬で崩壊してしまった。結局、本来の実力を発揮できず、勝ち馬から2秒3差の16着に終わった。

 無念の表情を浮かべた戸田師だったが、「全く競馬をしていないので、疲れも見られなかった」と、幸いにも馬は元気いっぱい。1月のフェアリーSにも使えたほどだったが、そこは焦らず、得意の東京まで待機した。

 快勝したデビュー戦に赤松賞と、今回の舞台となる東京マイルは2戦2勝と抜群の相性を誇る。「自分の形にならないとモロい面はあるが、リズム良く行ければ踏ん張れる。番手からの競馬もできるけど、ペースがスローだったら自分から行くつもりで」と、トレーナーも強気の先行策で巻き返しを期す。

 コンビを組む武藤にとっても大きなチャンスだ。新潟2歳Sは負傷のため、そして前走の阪神JFは騎乗停止中のため乗れなかった。今回は待ちに待った重賞での初コンビ。「三度目の正直ですね。モレイラでも勝たせられなかったけど(サフラン賞4着)、雅は上手に乗っていると思う。ここで結果を出して、人馬ともG1に送り出してあげたい」と指揮官も力を込める。

 2週続けて美浦Wで併せ馬を消化し、仕上がりに関して不安はなさそう。桜の舞台へつながる大事な一戦。ジョディー&武藤のコンビが、初重賞制覇へ果敢に勝負を仕掛ける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す