スマートフォン版へ

【クイーンC】人気上位勢に心強いデータ/データ分析(血統・種牡馬編)

  • 2019年02月07日(木) 11時45分
 9日に東京競馬場で行われるクイーンC(3歳・牝・GIII・芝1600m)について種牡馬別に検証していく(13年に3着同着アリ)。

 過去10年で最多となる5回の馬券絡みはディープインパクト、3回でクロフネダイワメジャーが続く。キングカメハメハ産駒は過去に5頭が出走して全て着外と、このレースとの相性はイマイチ。

 ディープインパクト産駒は1-2-2-11。複勝率31.3%、複勝回収率84%とまずまずの成績。16年サプルマインドが2番人気15着、昨年はマウレアが1番人気5着と人気を裏切っている一方、昨年はフィニフティが5番人気2着、アルーシャが7番人気3着と人気薄で馬券に絡む好走をみせた。15年にはアンドリエッテが10番人気4着、メイショウメイゲツが11番人気5着と二桁人気で健闘している。今年はカレンブーケドールマジックリアリズムミディオーサ(回避の予定)、レッドベルディエスと4頭のディープインパクト産駒が登録している。

 クロフネ産駒は1-1-1-5。馬券に絡んだ3頭は、11年ホエールキャプチャ(2番人気1着)、16年ロッテンマイヤー(6番人気3着)、17年アエロリット(5番人気2着)で、全て人気以上の走りだった。このレースとの相性はかなり良い。今年はビーチサンバが登録、人気上位となりそうだ。

 また、クロフネは母の父としても優秀。17年アドマイヤミヤビ(1番人気1着)、18年フィニフティ(5番人気2着)と2年続けて馬券絡みを果たしている。人気が予想されるクロノジェネシス(父バゴ、母の父クロフネ)にとっては心強いデータだ。なお、バゴ産駒自体は、13年にトロワボヌールが出走し7番人気5着だった。

 ダイワメジャーは1-0-2-3で複勝回収率166%。12年エクセラントカーヴが6番人気3着、13年ジーニマジックが8番人気3着と激走を果たしている。前走の大敗で人気を落としそうなジョディーだが、血統的には巻き返しがあってもおかしくない。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す