スマートフォン版へ

【共同通信杯】クラージュゲリエさすがの動き 池江師「我慢が利いてくれれば」

  • 2019年02月07日(木) 06時00分
 「共同通信杯・G3」(10日、東京)

 さすがのアクションだった。京都2歳S覇者のクラージュゲリエが6日、栗東CWで躍動。先行したサトノゲイル(4歳500万下)との間合いを加速しながら楽に詰め、しっかりとギアを変えて首差先着を果たした。我慢させながら刻んだラップは6F84秒2-39秒2-11秒8。もたれる面を見せていた1週前とは違い、スムーズにフィニッシュして最終追い切りを打ち上げた。

 気性面を課題に挙げる池江師は「仕上がっていますから、前半は折り合いを重視して上がり重点で」と話し「乗り難しいところもありますから、我慢が利いてくれればいいのですが」と複雑な胸の内を明かした。

 それでも札幌で洋芝をこなしたタフさと、東京で瞬発力勝負にも対応できた決定力を兼ね備えているのは、大きな魅力だ。長距離輸送を伴う関東エリアでのレースをこの時期に経験させておくことは、大きな意味を持つ。クラシックを見据え、まずは府中に参戦。スポンジのように全てを吸収して、スキルアップを図る。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す