スマートフォン版へ

【フェブラリーS】藤田菜七子、コパノキッキングに初騎乗「すごく乗りやすかった」

  • 2019年02月09日(土) 06時00分
 「フェブラリーS・G1」(17日、東京)

 フェブラリーSでJRAの女性騎手として初めてG1に騎乗する藤田菜七子騎手(21)=美浦・根本=が8日、コンビを組む重賞連勝中のコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山)に初騎乗した。報道陣約40人、テレビカメラ3台が集まるなど、金曜の朝としては異例な注目度のなか、栗東Bコースを1周。軽めのキャンターで感触を確かめた。

 菜七子は「すごくいい馬です。乗った感触としても、反撞(はんどう)もなく、すごく乗りやすかったです」と声を弾ませる。“反撞”とは、馬の運動時に鞍から騎手に伝わる上下動のことで、それもなく、背中の感触は抜群。「レースを見ていても、いろんな競馬ができますし、本当に素晴らしい馬。しっかりと結果が残せるように精いっぱい頑張りたいです」と意気込んだ。

 村山師も「うまいなと思いました。比較的スムーズに乗れていましたね」と合格点。「(追い切りで)ジョッキーが乗るとオーバーワークになるので」と菜七子はレース本番まで騎乗しない予定だが「乗ったことはプラスに働くと思います」と期待した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す