スマートフォン版へ

【メイクデビュー東京レース後コメント】ミッキーセオリー大野拓弥騎手ら

  • 2019年02月10日(日) 14時00分
東京3Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は8番人気ミッキーセオリー(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分40秒6(重)。2馬身半差の2着に7番人気クワドラード、さらに2馬身差の3着に4番人気レッドグラティアスが入った。

ミッキーセオリーは美浦・久保田貴士厩舎の3歳牡馬で、父ダノンシャンティ母ミッキーレモン(母の父ロージズインメイ)。

〜レース後のコメント〜
1着 ミッキーセオリー(大野拓弥騎手)
「調教を重ねてしっかり本数をこなしていました。スタート良く出てくれましたが、まだコーナーリングに課題があるので、これからもっと良くなると思います」

1着 ミッキーセオリー(久保田貴士調教師)
「思っていた以上に良いレースをしてくれたので、実戦に行って良いタイプですね。距離は1600〜1800mぐらいが良さそうです。次走についてはまだ何も決めていませんが、次もダートが良いと思います」

2着 クワドラード(F・ミナリク騎手)
「新馬ということでまだ幼かったです。ただ、能力はあるので、一度使った次はさらに良いレースができると思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す