スマートフォン版へ

【メイクデビュー京都レース後コメント】メイショウハナグシ池添謙一騎手ら

  • 2019年02月10日(日) 14時36分
京都6Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は5番人気メイショウハナグシ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分06秒1(良)。1馬身半差の2着に2番人気ダイアナブライト、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気イグナーツが入った。

メイショウハナグシは栗東・飯田祐史厩舎の3歳牝馬で、父ブラックタイド母メイショウガザニア(母の父キングヘイロー)。

〜レース後のコメント〜
1着 メイショウハナグシ(池添謙一騎手)
「ゲートは出なかったのですが、好位で良い位置につけられました。ハミ受けに幼い所はありますが、直線は余裕がありました。これから楽しみです」

1着 メイショウハナグシ(飯田祐史調教師)
「除外が続いている間に毛ヅヤが良くなりました。この距離でああいったレースができたのは良かったです。良さそうな馬でもパドックで終わってしまうようなこともある中で、よく我慢して落ち着いて歩いてくれていました。結果として2000mのレースを選んで良かったです。(自厩舎は今日3戦全勝で)仕上りが良いと思っている馬が勝ってくれたのは良かったです。3ヶ月くらい勝てないということもありますしね」

2着 ダイアナブライト(浜中俊騎手)
「上手に走ってくれました。最後までしっかりしていました。初戦としては良い内容でした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す