スマートフォン版へ

【共同通信杯】ダノンキングリー王者斬りで重賞初V! 戸崎圭「今後も楽しみ」

  • 2019年02月11日(月) 06時00分
 「共同通信杯・G3」(10日、東京)

 新たなヒーローが誕生した。3番人気のダノンキングリーが鋭く内から抜け出して、デビューから無傷の3連勝で重賞初制覇を決めた。馬主の(株)ダノックスは3週連続の重賞V。2着には2歳王者で1番人気のアドマイヤマーズ、3着には4番人気のクラージュゲリエが入った。

 ためにためた末脚で鋭く突き抜けた。ダノンキングリー最内枠を生かし、インの3番手を追走。直線で逃げ切りを図る2歳王者のアドマイヤマーズを内からかわすと、最後は1馬身1/4差をつけてゴールした。無傷の3連勝で重賞初制覇。デビューから手綱を取る戸崎圭は「折り合いは完璧でしたね。2歳チャンピオンを前に見る形で負かしたんですから、今後も楽しみです」と胸を張った。

 過去10頭のクラシックホースを輩出した一戦。鞍上は「馬も良くなっていたので、ワクワクしていました。一戦ごとに成長を必ず感じられる馬というのはいいですね。(距離も)もう1Fくらいなら大丈夫でしょう」と皐月賞(4月14日・中山)を意識した。

 野田順弘オーナー(名義は(株)ダノックス)にとっては、シルクロードSダノンスマッシュきさらぎ賞ダノンチェイサーと3週連続で重賞制覇。昨年の阪神JF勝ち馬のダノンファンタジーが控え、2年前の2歳王者ダノンプレミアム金鯱賞(3月10日・中京)から始動と、強力なラインアップで春のG1戦線を盛り上げていきそうだ。「春は毎週G1? そうはいかんでしょうが、運が向いてきましたね」と楽しみが増えた様子。ダノン軍団に頼もしい一頭が加わった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す