スマートフォン版へ

【チューリップ賞】“フジカン”いきなり重賞初騎乗!ブランノワールで好機到来

  • 2019年03月01日(金) 06時00分
 「チューリップ賞・G2」(2日、阪神)

 “フジカン”にいきなり重賞Vのチャンスが巡ってきた。オーストラリアを主戦場にしてきた“逆輸入ジョッキー”の藤井勘一郎騎手(35)=栗東・フリー=が、土曜阪神メインのチューリップ賞ブランノワールに騎乗する。JRAでの重賞初騎乗は、前走のエルフィンSで2着と好走している素質馬とのコンビ。世界13カ国での騎乗経験を持つ猛者が、JRAデビュー初日から存在感をアピールする。

 「JRAに入るのはひとつの目標だったけど、そこがゴールじゃない。自分をアピールしていきたい」-。6度目の受験で念願のJRA騎手免許を射止めた藤井勘は合格当時、そうコメントしていたが、早くも大きなチャンスをつかんだ。

 コンビを組むブランノワールは、12年阪神JFローブティサージュの半妹。血統背景からも、十分にVへの可能性を感じさせる素質馬だ。「追い切りの動きも良かったし、こういう機会を与えて頂いて感謝しています。重賞で相手はそろいますが、結果を求められていると思いますから頑張りたいです」。自身の重賞初Vとともに、パートナーの桜花賞への優先出走権獲りへ張り切る。

 これまでJRAでの騎乗は札幌のみ。もちろん阪神コースは初めてになるが、不安視する必要はない。なぜなら、ステッキ一本で世界13カ国を渡り歩いてきた経験があるからだ。“気後れ”などという文字は、フジカンに存在するはずがない。「勝ちたいと思ったら空回りするのが競馬ですからね。自然体で冷静に乗りたい。自分のできることに集中するだけです」。豊富な経験に裏打ちされたコメントが実に頼もしい。

 「いつかJRAの馬で、オーストラリアなど海外のレースを勝ちたい」。ドデカい夢をブチ上げるが、「まずは基礎を固めて、信頼を集めていきたい」と前を向く。浮かれることはない。しっかりと地に足を付け、確実にステップアップを図っていくつもりだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す