スマートフォン版へ

【フラワーC】近年、ディープインパクト産駒の好走率が高まっている点に注意/データ分析(血統・種牡馬編)

  • 2019年03月14日(木) 19時45分
 16日に中山競馬場で行われるフラワーC(3歳・牝・GIII・芝1800m)を種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる5回の馬券絡みはディープインパクト。4回でゼンノロブロイが、2回でマンハッタンカフェキングカメハメハブライアンズタイムハービンジャーが続く。

 ディープインパクト産駒は18頭が出走して2-3-0-13。5連対しているとはいえ、複勝率27.8%、複勝回収率45%にとどまっている。馬券になった5頭は全て3番人気以内で、4〜9番人気と穴人気になった8頭は、ことごとく馬券圏内を外す結果となっている。ただし、近2年では6頭が出走して3頭が馬券圏内を確保。昨年はカンタービレトーセンブレスでワンツーを決めているように、以前よりもディープインパクト産駒が走れるようになっている点は注意。今年はコントラチェックランブリングアレーが出走。

 アイリスフィールが出走するハービンジャーは6頭出走して2度の3着。複勝回収率は16年に14番人気3着のウインクルサルーテが効いているのもあるが、着外4度のうち2回は4着。好相性といって良さそうだ。

 上位人気が予想されるエールヴォアヴィクトワールピサ産駒。同産駒は過去に1頭だけ出走して、16年フジマサアクトレスが15番人気13着だった。ちなみにネオユニヴァース産駒は0-0-1-5。09年にマジックシアターが2番人気3着となっている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す