スマートフォン版へ

【3歳500万下】(阪神5R) ハヤブサナンデクンが抜け出して2勝目

  • 2019年04月14日(日) 13時45分
阪神5Rの3歳500万下(ダート1800m)は2番人気ハヤブサナンデクン(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒7(良)。1馬身半差の2着に4番人気ゲンパチルシファー、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気ソルトイブキが入った。

ハヤブサナンデクンは栗東・吉村圭司厩舎の3歳牡馬で、父ゴールドアリュール母ホワイトクルーザー(母の父クロフネ)。通算成績は3戦2勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ハヤブサナンデクン(吉田隼人騎手)
「調教の段階で力は感じていました。ただ雨が降って渋った軽い馬場がどうかと思っていましたが、問題ありませんでした。道中はしっかり折り合いもつきました。課題としてはまだ砂を被っていないので、そういった経験を重ねていけば、さらに良くなってきそうです」

3着 ソルトイブキ(四位洋文騎手)
「いつものこの馬の形で、勝った馬の後ろを行けました。坂がこの馬にとってのこれからの課題です。でも今日も止まっている訳ではありません。競馬の内容は使いつつ良くなっています」

5着 マッスルビーチ(幸英明騎手)
「直線に向いた時は伸びそうな感じでしたが、道中で少し掛かったせいか、伸び切れませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す