スマートフォン版へ

ウィクトーリアなど、オークス1週前厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2019年05月10日(金) 18時59分
 オークスに美浦から出走予定の注目馬4頭の1週前情報。

ウィクトーリア(牝3・美浦・小島茂之)について、小島調教師。
「水曜日(5/8)に帰厩して、翌日は北の角馬場で乗りました。若干緩みがあるのは仕方ないですね。牧場からの送り出しの馬体重が478キロでしたが、こちらに来た時には10キロほど減っていました。ただ見た感じはフックラしていて、雰囲気は良いです。

 前走(フローラS・GII・1着)は、結果的に脚質の幅が広がるような競馬でしたね。本番までにしっかり仕上げられるイメージはありますし、レースになればジョッキーにお任せですね」

カレンブーケドール(牝3・美浦・国枝栄)について、国枝調教師。
「前走(スイートピーS・L・1着)はスタートで出負けしましたが、スローペースを見越してうまく立ち回ってくれましたね。競馬が上手な馬なので、距離延長にも対応してくれるでしょう。在厩で調整してきましたが、変わりなく元気一杯です」

コントラチェック(牝3・美浦・藤沢和雄)について、津曲調教助手。
「前走のフラワーC(GIII・1着)は強い内容でした。ローテーションの兼ね合いで中山を使っていましたが、半姉のバウンスシャッセオークスで3着でしたし、東京でどんな走りをするのかを見たいと思っていました。

 本当の一戦級とあたるのは初めてになりますが、これまで乗ったジョッキーも距離は大丈夫だと言ってくれています。控えて負けた時は極端のスローで上がりだけの競馬でしたし、流れる競馬になってほしいですね」

シャドウディーヴァ(牝3・美浦・斎藤誠)について、斎藤調教師。
「1週前は岩田騎手に乗ってもらいましたが、跨った瞬間に馬が良くなっていると言ってくれましたし、追い切り後も何の心配もないと話をしていたのが収穫でした。以前から大きいフットワークでしたが、それもさらに良くなってきています。元々この舞台に適性があると思ってオークスを狙ってやってきましたが、ここまでは青写真通りです。

 前走(フローラS・2着)は内が少し詰まってもったいないレースになりましたが、2400mなら直線でバラけると思いますので、競馬はしやすくなるでしょう。東京の2400mには適性があるはずなので、他の馬が苦にするようならつけ入る隙があると思います」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す