スマートフォン版へ

【オークス】クロノジェネシス 加速スムーズ ラスト1F11秒8

  • 2019年05月16日(木) 06時00分
 「オークス・G1」(19日、東京)

 もう強い負荷は不要だった。クロノジェネシスは15日、北村友を背に、栗東CWでサマーセント(3歳500万下)と併せ馬。1秒1追走した僚馬に直線で並び掛けると、軽く手綱を緩めた程度でスムーズに加速。6F84秒2-38秒4-11秒8で半馬身先着。鞍上は「終始いいリズムで走れました。雰囲気はすごくいい。これまでで一番」と好感触だ。

 動きを見届けた斉藤崇師も「テンションの高さが気になっていたので、しまいを動かし過ぎないようにしました。体調も上向きですし、いい調整ができました」とうなずく。先週のヴィクトリアマイルでは半姉ノームコアがV。「妹もいい結果を出せれば」と意欲を示す。

 主戦も「(デビューから)ずっと乗せてもらって、ボク自身好きな馬。思い入れもあるので結果を出したい」と意気込みは強い。阪神JF2着、桜花賞は3着。3度目のG1挑戦で、今度こそデッカい勲章をつかんでみせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す