スマートフォン版へ

【シドニーT】(京都10R) スマートレイチェルが逃げ切る

  • 2019年05月18日(土) 16時03分
京都10Rのシドニートロフィー(4歳以上1600万下・ダート1200m)は2番人気スマートレイチェル(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒4(良)。アタマ差の2着に6番人気ベルクリア、さらにクビ差の3着に1番人気ストロベリームーンが入った。

スマートレイチェルは栗東・西園正都厩舎の5歳牝馬で、父キングカメハメハ母ショウナンアクト(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は22戦5勝。

〜レース後のコメント〜
1着 スマートレイチェル(酒井学騎手)
「ゲートを出てから左側に行くような感じで"あっ"と思いましたが、その後は勢いがつきました。フワーッと走っている感じでしたが、最後も頑張れました。今日のダートは前が有利だと思って早めに仕掛けて、待ちすぎないように追いました。ギリギリのところで辛抱してくれました」

2着 ベルクリア(福永祐一騎手)
「頑張りました。スタートが良かったですし、ついていって最後も脚を使えたというのは収穫といいますか、このクラスで完全にメドが立ったと思います。大したものです」

3着 ストロベリームーン(武豊騎手)
「うまくゲートを出て流れに乗れました。最後は伸びそうで同じ脚色になってしまいました。締まったダートの方が良さそうです」

5着 メイショウコゴミ(幸英明騎手)
「直線で伸びかけて同じ脚色になったのは休み明けの分でしょうか。次はもっと良くなると思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す