スマートフォン版へ

降級制度の廃止に伴いクラス呼称が変更

  • 2019年05月28日(火) 06時00分
 JRAは今年から、いわゆる「降級制度」(4歳馬の収得賞金を2分の1としてクラスを再編成)を廃止。原則、勝利度数によるクラス分けとなり、勝てば必ず上のクラスに昇級し、下のクラスには出走できなくなる。

 これに伴い、ファンにとってより分かりやすい呼称とするため、今週末(6月1、2日)の競馬から現在の「500万下」が「1勝クラス」、「1000万下」が「2勝クラス」、「1600万下」は「3勝クラス」に変更される。なお、本紙の馬柱における各馬の過去戦歴部分は今後「1勝ク」「2勝ク」「3勝ク」と表記する。

 今回のルール変更で、最も恩恵を受けるのは条件戦の3歳馬。これまでも斤量に恵まれる夏競馬での活躍が目立っていたが、降級馬がいないとなれば、さらに勝率を伸ばす可能性が高そうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す