スマートフォン版へ

【エプソムC】ミッキースワロー メリハリついて弾んだ!重賞2勝目へ手応え

  • 2019年06月06日(木) 06時00分
 「エプソムC・G3」(9日、東京)

 王道を歩み続けた実力を誇示する。昨年は大阪杯、ジャパンCで5着とG1戦線で健闘したミッキースワローが5日、美浦Wで機敏な動きを披露。休み明けの前走2着を叩き、着実に上昇気流に乗っている。一方、栗東CWではリステッド競走2連勝中のソーグリッタリングが、ラスト1F11秒6の切れ味を見せ、充実ぶりをアピールした。

 長めから乗って滑空態勢を整えた。ミッキースワローはいつもと同じく菊沢師がまたがり、美浦Wをゆっくりと発進。序盤から向正面にかけては頭の高い走りが目に付いたが、直線を向いてからはスムーズに加速した。

 前を走っていた僚馬プリモスペード(3歳未勝利)に内から並びかけると、瞬時にギアチェンジ。弾むようなフットワークで、あっさりとパス。悠々と6F86秒5-40秒8-12秒3をマークした。

 菊沢師は「しまいだけです。いい感じだったね。楽というか、メリハリがついて弾んでいた」と好感触を伝える。前走の新潟大賞典は、勝ち馬より3・5キロも重い57・5キロのトップハンデを背負いながら、小差2着に奮闘した。「力のあるところを見せてくれた。この中間は短期放牧に出して、前回よりも全体的に良くなっている」と順調な良化ぶりに目を細めた。

 どうしても出脚がつかない一方で、末脚の破壊力はメンバー屈指のものがある。指揮官は「不器用でスタート後の加速に時間がかかってしまう。周りがクラウチングスタートで、こっちは立ったまま発進するような感じだからね」と苦笑いを浮かべつつも、「それでも、しまいの脚はしっかりしているから」と直線の強襲劇に期待を寄せた。

 週末は雨予報も出ているが、トレーナーは「高速馬場になるよりはいい。外差し(馬場)になるなら」とむしろプラスに捉えている。まだまだ進化途上の5歳春。17年セントライト記念以来となる、重賞2勝目をつかむ準備はできている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す