スマートフォン版へ

【地方競馬】GDJ3歳シーズン全日程終了、総合優勝はトーセンガーネット

  • 2019年06月13日(木) 08時01分
 今年で10年目を迎えた世代別牝馬重賞シリーズ『GRANDAME-JAPAN(グランダム・ジャパン)』。その第1弾となるグランダム・ジャパン3歳シーズンが、12日に行われた関東オークスで全日程を終了した。

 結果は関東オークスで3着だったトーセンガーネット(牝3、浦和・小久保智厩舎)が総合優勝、2位に同レース5着のアークヴィグラス(牝3、大井・嶋田幸晴厩舎)、3位に若草賞東海クイーンCを優勝したゴールドリング(牝3、愛知・塚田隆男厩舎)が入った。この3頭にボーナス賞金が授与される。

【GDJ3歳シーズン 最終結果】
1位 トーセンガーネット(浦和)/42P
2位 アークヴィグラス(大井)/23P
3位 ゴールドリング(愛知)/20P
4位 グローリアスライブ(川崎)/17P
5位 リリコ(兵庫)/16P
6位 グレースレジーナ(大井)/11P
7位 ボルドーシエル(浦和)/10P
8位 チェリーフオール(兵庫)/9P
9位 ゼットパッション(川崎)/8P
10位 リトミックグルーヴ(川崎)/5P

※各馬のポイントや各シーズンの対象競走、資格要件などの詳細は下記の『グランダム・ジャパン2019』特設サイトをご覧ください。
http://www.keiba.go.jp/grandame_japan.html

(NAR地方競馬全国協会のリリースより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す