スマートフォン版へ

菊沢一樹&インテンスライト 人馬融合で重賞初制覇だ「強いことを証明したい」

  • 2019年06月27日(木) 06時00分
 「ラジオNIKKEI賞・G3」(30日、福島)

 デビュー4年目の菊沢一樹騎手(21)=美浦・菊沢=が、自厩舎のインテンスライトとともに、開幕週の福島で飛躍を誓う。

 昨年9月の新馬戦から7戦中6戦で手綱を取り、2勝をマーク。前走のプリンシパルSでは0秒3差の4着と奮闘した。「デビュー前から上で走る馬だと感じていて、馬自身はステップアップしています。あとは乗っている自分が馬に遅れないように、サポートしようと心掛けています」。攻め馬から丹念に競馬を教え込み、相棒との強固な信頼関係を築き上げてきた。

 最終追いでは26日、美浦坂路でカーリングストーン(3歳1勝クラス)と併入し、4F52秒2-38秒4-12秒9。「やればやるほど馬が応えてくれますね。すごくいい調教ができたと思います」と声を弾ませる。

 菊沢自身にとって、重賞は通算5度目の挑戦。初美酒に向けて「もちろん勝ちたい気持ちはあるし、チャンスも感じています。ただ、だからといって何かを変えようとはせずに、いつも通りの気持ちで臨みたい。そしてインテンスが本当に強いことを証明したい」と語気を強めた。人馬が完璧な融合を果たした時、Vへの道はおのずと開ける。(デイリースポーツ・刀根善郎)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す