スマートフォン版へ

【クイーンS】ダノングレース躍動!1馬身先着 蛯名は納得「動き良かった」

  • 2019年07月26日(金) 06時01分
 「クイーンS・G3」(28日、札幌)

 重賞初制覇へ視界は良好だ。ダノングレースは25日、蛯名を背に札幌芝の併せ馬で1馬身先着。動きの良さをアピールした。前走の福島牝馬Sでは3着と通用する力は十分。実績を残す札幌で存在感を示す。

 ダノングレースが札幌芝で躍動した。5馬身先行するロジスカーレット(4歳2勝クラス)を目標に、軽快なフットワークで徐々に差を詰める。直線で内に潜り込み、馬体をやや離しながら並び掛けると、馬なりの手応えで1馬身先着。5F66秒2-36秒9-12秒7をマークした。

 感触を確かめた蛯名は「動きは良かったです」と納得の表情。気持ちが先行するタイプだけに「(調教を)やり過ぎないように気をつけた。馬体を並べると一気に行ってしまいそうだったからね」と振り返り「当日のテンション、気持ちが落ち着いているかが鍵。一定のギリギリのラインを保てている感じだった」と話した。

 今年に入り1000万下、準オープンと連勝を飾ると、前走の福島牝馬Sでは3着。17年10月のアルテミスS(8着)以来となる重賞だったが、小回りコースを最後方から進み、勝負どころでまくって3着と、重賞でも戦える力を見せた。

 鞍上は「前走はスタートから行かせてしまうと掛かりそうな気配があって、後方から行かざるを得なかった。大外枠だったしね。自分で動いて勝つ競馬をしての結果だから」と内容を評価。「今回はある程度速い流れになりそうだし、内枠でも引ければ」とチャンスをうがっていた。

 札幌では新馬勝ちを含め(1・0・1・0)とコース適性の高さは証明済み。気持ちと走りがかみ合えば、タイトルも夢ではない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す