スマートフォン版へ

【ディープ追悼・2005年弥生賞】初の関東遠征&重賞挑戦 大外枠から2歳王者ら完封

  • 2019年07月30日(火) 19時02分
 2019年7月30日、史上2頭目の無敗の三冠馬・ディープインパクトが17歳でこの世を去った。現役時代はすべての国内レースで上がり最速をマークする圧倒的な末脚を武器に通算14戦12勝という成績を残し、GI勝利は「7」を数えた。また、種牡馬としてもその強さを産駒に伝え、5頭のダービー馬をはじめ多くのGIホースの父となり、既に産駒のJRA・GI勝利数は「51」。現役時代と同様に、日本競馬界を牽引してきた。

 今回はこの稀代の名馬への追悼企画として、新馬戦からラストランとなった有馬記念まで、ディープインパクトの現役時代全14戦を改めて振り返る。

■実績馬たちとの初競演 残雪の中山で重賞初挑戦へ

 デビュー2戦を桁違いの強さで圧勝し、皐月賞トライアルの弥生賞に出走したディープインパクト。今回が重賞初挑戦となり、出走メンバーのなかには2歳王者マイネルレコルト、同舞台の京成杯から連勝を狙うアドマイヤジャパンなどが顔を揃えた。

 相手強化の一戦、大外10番枠からのなか、それでもディープインパクトの単勝オッズは1.2倍と断然の支持は揺るがず。

 スムーズにゲートを出たディープインパクトは前走若駒Sと同じようにゆったりと後方3番手あたりでレースを進めていく。それとは対照的に有力馬は比較的前目のほうに固まっていた。

 残り600mあたりで徐々にポジションを押し上げていくと、外からスーッと先頭集団に並ぶ勢いで、第4コーナーを回る。そこから直線では、これまでの2戦と同じように一気に有力馬らを外から交わして置き去りにしようとするが、内からアドマイヤジャパンが食い下がる。最終的にはこれをクビ差退けての勝利。勝ちタイムは2分02秒2(良)。

 最後に詰め寄られる形とはなったものの、無傷3連勝で重賞初制覇を飾った。レースがスローに流れ、大外を回ってきたことを考えれば完勝といっていいだろう。2001年のアグネスタキオン以来、史上2頭目となる3戦目での勝利を成し遂げ、いざクラシック1冠目の皐月賞へ向かうこととなった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す