スマートフォン版へ

武豊、アイスストーム陣営に進言していた「小倉記念にいきましょう」/トレセン発秘話

  • 2019年07月31日(水) 18時00分
 理想とする位置取りや枠順などについて調教師に聞くと、「そんなことはジョッキーに聞け」と一蹴されることがある。乗りやすいように馬を調教し、レースでしっかり走れるように仕上げるのが調教師の役目であり、馬場に出てしまえば、そこから先は騎手の範ちゅうということだ。

 だからこそ、レース後の検量室では、調教師がリプレー映像をチェックしながら、ジョッキーに細かくレース中のことを聞き、先々に生かそうとする。ここでの騎手の言葉には、それだけの「重み」がある。

 GIII小倉記念(8月4日=小倉芝2000メートル)に出走するアイスストームが2走前の1000万下・調布特別を勝った時、騎乗した武豊から吉村調教師に対して、こんなアドバイスがあったという。

「重賞でもいい競馬ができる馬。小倉記念に行きましょう」

 デビュー前から能力を買っていた馬とはいえ、ようやく準オープンに上がったばかりの状況で出てきた“重賞”という言葉に、トレーナーもいささか面食らったそうだが…。続く垂水Sでも力が一枚上と思わせる勝ちっぷりで楽々とオープン入り。揚がってきた武豊は「ね。言ったでしょ」と、しびれるセリフを披露してくれたとか。

「やっぱりレジェンドジョッキーが高く評価してくれるのは心強いですよね。実は豊さんだけではなく、以前に違う騎手からも、将来性を評価する言葉をもらったことがあったんです。去年の春、未勝利を勝ち上がった時に、和田君が“夏をうまく越せたら、菊花賞でも楽しめる”って」(吉村調教師)

 騎手からの重みのある言葉を複数もらっているアイスストームの将来は、もはや安泰?

「トモがだいぶしっかりしてきて、本来持っている力を出せるようになってきましたからね。初めての重賞でどこまでやれるか、力試しです」

 吉村調教師はあくまでチャレンジ精神で臨むが、そのレースぶり次第では今夏最大の上がり馬になるかもしれない。

(栗東の坂路野郎・高岡功)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す