スマートフォン版へ

【ディープ追悼・2006年天皇賞・春】驚異のレコードタイム「3:13.4」! 早め先頭でリンカーンらを突き放す

  • 2019年07月31日(水) 21時30分
 2019年7月30日、史上2頭目の無敗の三冠馬・ディープインパクトが17歳でこの世を去った。現役時代はすべての国内レースで上がり最速をマークする圧倒的な末脚を武器に通算14戦12勝という成績を残し、GI勝利は「7」を数えた。また、種牡馬としてもその強さを産駒に伝え、5頭のダービー馬をはじめ多くのGIホースの父となり、既に産駒のJRA・GI勝利数は「51」。現役時代と同様に、日本競馬界を牽引してきた。

 今回はこの稀代の名馬への追悼企画として、新馬戦からラストランとなった有馬記念まで、ディープインパクトの現役時代全14戦を改めて振り返る。

■出遅れも問題なし、ラスト600mで既に先頭へ

 前哨戦の阪神大賞典を楽勝したディープインパクトは、本番の天皇賞・春に駒を進めた。自身のほかにGI馬は既に2戦連続で先着しているデルタブルースのみという相手関係もあり、ここでも単勝オッズは1.1倍の一本被り、単勝支持率は75.3%とこのレース史上最高の数字となった。そしてこの舞台でディープインパクトは、伝説の若駒Sなどと並び、今でも語り継がれる驚異のパフォーマンスを見せる。

 スタートで立ち遅れ、いつにも増してゆったりとした序盤となったディープインパクトは17頭中の16番目と最後方。最初のホームストレッチを過ぎ、コーナーを回り、向正面ではややポジションを上げているが、それでも14番手といったところ。

 ここからが圧巻だった。競馬場こそ今回と違えど、かなり早めに動き出した阪神大賞典と比較してもさらに早く、ラスト1000mを切ったあたりで一気に進出。あっという間に先頭に立ってしまう。この時点でまだゴールまでは600m以上あった。

 直線に入った段階で後続に1〜2馬身ほどの差をつけて先頭に立っていたディープインパクトを、ここから差せる馬などいなかった。あとはいつも通り差を広げていくだけ。2番人気の2着リンカーンだけがわずかに追いすがったが、それでも最終的に着差は3馬身半。リンカーンから3着ストラタジェムまでは5馬身。再び圧勝で菊花賞以来のGI・4勝目となった。

 ゴール後に電光掲示板に記された勝ちタイム「3:13.4」と「レコード」の文字に誰もが目を疑った。1997年の同レースでマヤノトップガンがマークしたレコードタイム「3:14.4」は当時でさえ驚きをもって受け止められたが、それをさらに1秒短縮する凄まじい時計だった。

 翌5月、陣営から次走は国内で宝塚記念に出走し、その後渡仏し10月の凱旋門賞へ挑戦するというプランが発表された。

<レース映像>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す