スマートフォン版へ

ダービー馬ロジャーバローズ引退 父・ディープの後継…種牡馬入りへ

  • 2019年08月07日(水) 06時05分
 凱旋門賞・仏G1(10月6日・パリロンシャン)への挑戦を表明していた今年のダービーロジャーバローズ(牡3歳、栗東・角居)が、右前浅屈腱炎を発症。このまま引退して、種牡馬入りすることを6日、管理する角居師が明かした。

「けさ、エコー検査を受けて(屈腱炎が)分かりました。残念です。オーナーと相談して種牡馬になることになりました。戻ってきても、以前のような成績を残せるか分かりませんし、父のディープインパクトが亡くなったことで、血統的にも貴重なので。本当にあのタイミングでダービーを勝てて良かった」と悲痛な表情で経緯を説明した。

 ラストランとなった令和初のダービーは、2分22秒6のレースレコードで優勝。12番人気の低評価に奮起し、波乱を呼んだ。

 コンビを組んだ浜中は「自分をダービージョッキーにしてくれた馬。早い時期での引退は残念ですが、ディープインパクトの後継種牡馬としていい子孫を残してほしい。また、生まれた子どもでダービーに挑めたら、と思います」とコメントした。

 近日中に登録を抹消。けい養先は未定となっている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す