スマートフォン版へ

松田師 キンカメに感謝「夢の塊だった」現役時代に管理

  • 2019年08月11日(日) 06時09分
 ディープインパクトを失ったばかりの競馬界に、またも悲しい出来事が起こった。キングカメハメハが9日、繋養先の北海道安平町の社台スタリオンステーションで死んだ。18歳だった。

 現役時代に管理した松田国英調教師は、連絡を受けると社台SSへ駆け付け、馬房に手を合わせたという。「調子が良くないとはうかがっていましたし、種牡馬を引退してからも、大事にされていたようです」と静かに話した。

 NHKマイルC-ダービーを勝つという変則2冠は当時、画期的なローテーションと言われた。「種牡馬になるような馬を手掛けたいと思っていました。種牡馬になるにはマイルの能力にたけていないといけないし、それだけでなくダービーを勝たなければと」。自分の願いをかなえてくれた名馬だった。

「種牡馬としても短い距離から、芝、ダートと活躍馬を出しくれましたし、自分にとっても、社台SSにとっても、夢の塊だったと思います」と感謝を口にした。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す