スマートフォン版へ

14回目で初逃走V モズスーパーフレア/トレセン発秘話

  • 2019年08月14日(水) 21時10分
 今年のGIII北九州記念(18日=小倉芝1200メートル)は何やら例年とは様相が違う。そんな話が関係者から多く出ていた。何が違うって、メンバーが例年より明らかに強いのだ。カラクレナイを出走させる松下調教師いわく「セントウルSみたいなレースになりそうじゃないですか」

 そのメンツの厚みは、小倉開幕週の3勝クラス・佐世保Sを鮮烈な追い込みで制したエイシンデネブが、現時点で除外候補になっていることからも明らかだろう。前走後は当レースを目指し、小倉滞在で調整してきた同馬および、その関係者にとっては気の毒というほかないが…。

 なぜ突然、メンバーが“濃くなった”のか?もちろん、集結してきた強豪それぞれに理由がある。例えばモズスーパーフレアに関して言えば、十分なレース間隔を確保するためだ。

「これまで間隔を詰めて使って好走したことがほとんどないんです。いつも全力で走り切ってしまうから、疲れが残ってしまうんでしょうね」とは担当の竹中助手。

 過去に中1週で臨んだ3競走はすべて連逸(小倉2歳S=1番人気7着、ファルコンS=9番人気5着、オパールS=1番人気3着)。中2週だった今年の高松宮記念(2番人気15着)でさえ、「硬さが出て疲れが残っていた」という。

 だからこそ、秋の目標であるGIスプリンターズS(9月29日=中山芝外1200メートル)まで中2週となるGIIセントウルS(9月8日=阪神芝内1200メートル)ではなく、たっぷりと間隔が取れる北九州記念をチョイスしたのだ。

「今回はこれまで以上にいい状態で放牧先から戻ってきました。以前はバランスがもうひとつだったんですが、今は気にならなくなったし、キ甲も抜けてきました。完成期なのかもしれません」(竹中助手)

 超ハイラップが刻まれることが多く、逃げ馬には相性が悪い北九州記念。だが、このモズスーパーフレアには前半3ハロン32秒3で逃げても、急坂のある中山の重賞(オーシャンS)を押し切れるだけの底力がある。

「あの時のルメールもあまりのスピードにびっくりしていましたけど、その前のカーバンクルSも、スタートでつまずきながら出て、あのスピード(前半3ハロン32秒8)でしたからね。(武)ユタカさんも“速いね”って。ほかの馬も競りかけに行ったら(自身が)潰れるのは分かっているでしょうし、自分の競馬をすれば、と思っています」

 1200メートル施行になって14回目にして初の逃げ切り…今年の北九州記念はそんなレースになりそうな気がする。

(栗東の坂路野郎・高岡功)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す