スマートフォン版へ

【地方競馬】富沢希騎手が期間限定騎乗で初勝利 「岡部さんと同着というのは渋いですね!」

  • 2019年08月16日(金) 16時00分
 16日の浦和競馬第7R・コバトン&うまたせ!コラボ賞で、離れた3〜4番手から進めた富沢希騎手騎乗の5番人気キシュウマイウェイ(牝6、浦和・牛房栄吉厩舎)が、先に抜け出した岡部誠騎手騎乗の1番人気ファインドザウェイ(牝4、浦和・小沢宏次厩舎)を猛追し、これと同着で優勝した。勝ちタイムは1分38秒5(良)。

 この勝利で富沢希騎手は、藤田輝信厩舎(大井)所属としての期間限定騎乗での初勝利となった。

 富沢希騎手は1981年3月21日生まれの38歳。1999年にオーストラリアのクイーンズランド州で見習騎手免許取得、2002年に同州で騎手免許を取得。今年の6月3日から期間限定騎乗を開始している。

富沢希騎手のコメント】
「岡部さんと同着というのは渋いですね!なかなか結果が出ませんでしたが、予想以上に(南関競馬への)アジャストが難しくて。15年前に来たときに比べて馬場が深くなっていて、内外の馬場状態の変化も激しくて、対応に苦労していました。

 オーストラリアの芝馬は、行こうとするのを抑える技術が重要なんですが、こちらの馬は、やめようとするのを促すと言うか、両脚で馬を挟むようにして押し出すという技術が必要で、自分にはそれが足りていませんでした。森(泰斗)君、御神本(訓史)君、(笹川)翼君の騎乗を見て学んで、彼らにトレーニングの仕方を教わって、それが良かったです。こちらに来る前に骨盤骨折していて、そのリハビリなどもあって、足腰強化がなかなか進みませんでした。

 慣れるのに時間が掛かりましたが、残りの開催に全力投球したいです。英語のヤジはずいぶん受けてきましたが、日本語でのヤジはやはり堪えます(笑)」

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す