スマートフォン版へ

【セントウルS】スプリンターズSの前哨戦、好走の条件とは/JRAレース展望

  • 2019年09月04日(水) 06時00分
 芝1200m戦としては唯一のGIIで、スプリンターズSの前哨戦として位置づけられている。一線級の始動戦に選ばれることも多く、1番人気はここ7年連続で連対と堅実だ。だが、2012年、13年にロードカナロアが2着しているなど、叩き台として参戦してくる実績馬が足を掬われるケースも少なくない。

1.若い馬有利

 過去10年の成績を年齢別に見てみると、3-5歳馬が複勝率26.8%と上々なのに対し、6歳以上は複勝率12.3%しかない。明らかに若い世代優勢だ。また、特に3歳馬は勝ち馬として10番人気アクティブミノル、6番人気エピセアローム、4番人気ダッシャーゴーゴーが出ており、穴としての資格も十分。

2.逃げ・先行馬有利

 過去10年で、4角先頭だった馬が3勝、複勝率は40%と圧倒的。2-3番手だった馬からも3頭勝ち馬が出ており、複勝率33.3%と上々。以降、位置取りが後ろになるのにほぼ比例して複勝率は下がっており、前々決着が多いことが分かる。

3.乗り替わりとなる馬は不振

 昨年こそ前走から乗り替わりとなった馬のワンツースリーだったが、過去10年でみると、前走から継続騎乗だった馬が9勝、連対率21.1%、複勝率も27.6%と優秀なのに対し、乗り替わりとなる馬は連対率5.6%、複勝率12.7%しかない。母数がほぼ同じながらこれだけ差が出ており、決して無視できないデータだ。


 イベリスは前走NHKマイルCで16着と大敗したが、半姉に短距離で活躍したベルカントがいる血統背景などからして、ベストは1200mだろう。同型との兼ね合いがカギにはなるものの、斤量52kgで挑めるここならチャンスは十分にある。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す