スマートフォン版へ

ヴェロックス、神戸新聞杯2週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

  • 2019年09月04日(水) 13時28分
 春のG1は皐月賞2着、日本ダービー3着だったヴェロックス(栗東・中内田充正厩舎)。夏場は休養し、8月22日にノーザンFしがらきから栗東へ帰厩。今朝4日は神戸新聞杯(9月22日・阪神芝2400m)に向けた2週前追い切りを行っている。

 1回目のハローが終了した時間帯だったが、追い切りがひと通り終了した頃だったこともあり、馬の少ない状態。そんなこともあって、自分のリズムでリラックスして走ることができていたが、それにしても春に比べて落ち着きが出た印象。

 向正面でじわっとスピードを上げていく感じだったが、3コーナーの入りはまだぎこちなさもある。このあたりは今回が右回りのCWで速い時計を出すのが初めてというあたり。そこから4コーナー、最後の直線はスムーズで、手前を替えてからもきっちり伸びていた。

 時計は6F83.8〜5F68.3〜4F53.5〜3F39.2〜1F12.4秒。非常にいい雰囲気で2週前追い切りを消化できた。あとは大目標も見据えた上で、どんな調整過程となっていくのか、しっかりと見守っていきたい。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す