スマートフォン版へ

凱旋門賞、ディープインパクト敗れる

  • 2006年10月02日(月) 00時01分
 現地時間10月1日、仏・ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(仏G1・芝2400m)に出走した武豊騎手騎乗のディープインパクト(牡4、日本・池江泰郎厩舎)は、スタート直後から好位の外目を追走。4角入り口から進出を開始すると、直線半ばでは一旦先頭に立つも、中団追走のレイルリンク Rail Link、最後方で脚を溜めていたプライド Prideとの叩き合いに敗れ、3着に終わった。

 勝ったのは、S.パスキエ騎手騎乗のレイルリンク Rail Link(牡3、仏・A.ファーブル厩舎)。直線残り100mでディープインパクトを競り落とすと、追い込んだプライド Prideをクビ差抑えて快勝した。勝ちタイムは2分26秒30(良)。戦前にディープインパクトとともに3強を形成した昨年の覇者ハリケーンラン Hurricane Runは4着、シロッコ Shiroccoは最下位8着に敗れた。

 勝ったレイルリンクは、父Dansili母Docklands(その父Theatrical)という血統の英国産馬。半兄にチェルシーマナー Chelsea Manor(父Grand Lodge、メゾンラフィット杯-仏G3)がいる。06年4月のデビュー戦は内ラチに突っ込み競走中止。3戦目のメイドン(未勝利)で勝ち上がると、続くリス賞(仏G3)で重賞初制覇。さらに凱旋門賞と同コースで行われた7月のパリ大賞典(仏G1)でG1奪取を飾った。秋は過去10年の凱旋門賞で8頭の勝ち馬を出しているニエル賞(仏G2)で始動。ここを半馬身差で制し、凱旋門賞に挑んでいた。デビュー3戦目からの5連勝で、通算成績7戦5勝。

 鞍上のS.パスキエ騎手は凱旋門賞初制覇。管理する仏・A.ファーブル調教師は、昨年のハリケーンランに続く連覇で、歴代最多の通算7勝目となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す