スマートフォン版へ

ヴァンベールシチー半妹ロジーナがデビュー/関西馬メイクデビュー情報

  • 2019年09月09日(月) 18時00分
 昨年の4回阪神2週目からデビュー勝ちを決めた馬といえば、クリソベリル(栗東・音無秀孝厩舎)。新潟ダート1800mに出馬投票するも除外となり、秋のこの番組まで待機していた。3歳7月には無傷の4連勝でJDDでGIを制覇。今秋の活躍も期待されている。

 ここで取り上げた以外ではロードカナロア産駒のベイサイドブルー(栗東・矢作芳人厩舎)も注目の1頭だろう。芝でのデビュー予定もあったようだが、目標をここに定めて追い切りの動きも良くなってきた。レースでの鞍上は坂井瑠星騎手が予定されている。

【9月14日(土) 阪神芝1400m】

ピュアカラー(牝、父ワールドエース母ヴィヴィッドカラー、栗東・橋口慎介厩舎)

 父は今年の新種牡馬で、産駒のオータムレッドは新馬、クローバー賞と連勝中。アサケエースは中京芝1400mの未勝利を勝った後、中京2歳Sは3着とすでに活躍馬を輩出している。

 本馬は8月1日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩した後、順調に追い切りを消化。ここ2週はCWで追い切られており、先週はレースで騎乗予定の川田将雅騎手が跨って、6F84.2秒をマークした。併せ馬での動きはさほど目立たないが、8月21日の坂路での動きが良かったことを思えば、トラック馬場ではさほど動かないのかも知れない。

【9月15日(日) 阪神ダート1800m】

リレーションシップ(牡、父ルーラーシップ母カラフルブラッサム、栗東・須貝尚介厩舎)

 おじに浦和記念佐賀記念を勝ったピイラニハイウェイ(父Silver Deputy)がいる血統で、母は現役時代に芝中距離で3勝を挙げている。

 本馬は6月28日のゲート試験に合格した後、一旦放牧へ出されて、8月16日にノーザンFしがらきから栗東へ帰厩。8月29日のCWでは案外の動きだったが、レースで騎乗予定の川田将雅騎手が跨った9月5日のCWでは追走する併せ馬でゴール前は相手を突き放す動きを見せた。6F84.3秒は強調するほどの時計ではないが、ラスト1F11.7秒の伸びは秀逸。追われてからの動きの良さは実戦での好走をイメージさせてくれるものだった。

【9月16日(月) 阪神芝1200m】

クリノアンカーマン(牡、父キンシャサノキセキ母キーオブライフ、栗東・高橋義忠厩舎)

 おじに未勝利から1000万下(現2勝クラス)まで3連勝したミスティックグロウ(父オルフェーヴル)や今夏の富良野特別(札幌芝2000m)を勝ったハーメティキスト(父ロードカナロア)などがいる血統。

 本馬は8月7日に宇治田原優駿Sから栗東へ入厩。8月29日の坂路で4F52.8秒という時計をマークし、水準以上の動きは見せていたようだが、それが本物だと確信できたのは9月5日のCW。レースで騎乗予定の幸英明騎手が跨って、新馬を追いかけたが、その距離は6F地点で4秒差。これをしっかり追いついたのだから、それだけでも十分だが、その時計が6F79.5秒というところが驚き。体力もしっかりとしているだけに、スムーズなレースができれば、自然と結果はついてくるだろう。

【9月16日(月) 阪神芝1600m(牝)】

ロジーナ(牝、父キズナ母ケープタウンシチー、栗東・佐々木晶三厩舎)

 半兄ヴァンベールシチー(父ステイゴールド)は芝中距離で2勝。母系にはダートで5勝を挙げたウイングシチー(父フジキセキ)がいる血統。

 すでに重賞勝ち馬を輩出した父キズナだが、本馬も走るキズナとなりそうな追い切りでの動き。8月29日の坂路では、レースで騎乗予定の田中健騎手が跨り、新馬との併せ馬で4馬身ほど追走していたにもかかわらず、最後は相手を1秒以上突き放す動き。9月4日の坂路では併せ馬に遅れたものの、2F24.7秒、1F12.3秒の時計をマーク。あとは実戦でどれだけ動けるか。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す