スマートフォン版へ

【高知・西日本ダービー】西日本6地区生え抜きの強豪が集結する注目の一戦/地方競馬見どころ

  • 2019年09月16日(月) 12時00分
 本日16日に高知競馬場で行われる西日本ダービー(3歳・ダ1900m・1着賞金500万円)。第1回・園田競馬場の1870mから佐賀、金沢と西日本地区の主催者の持ち回りで開催され、今年は高知競馬場の1900mが舞台となる。各地区の生え抜き馬限定の一戦に12頭が出走する。

 地元のアルネゴー(牡3、高知・細川忠義厩舎)は現在、黒潮皐月賞の勝利を含む4戦連続連対中で、昨年も黒潮ジュニアチャンピオンシップを制している。これまでの最長距離勝利は1600mでのもので、1900mの距離がカギとなるが、強豪が集った一戦で地元の意地を見せたい。

 リリコ(牝3、兵庫・田中範雄厩舎)は重賞にも積極的に出走しながら、これまでの16戦中15戦で馬券圏内と非常に堅実。6月の高知優駿でもナンヨーオボロヅキから0.1秒差の3着と高知1900mでの好走歴もある。ここで牡馬を倒し重賞3勝目となるか。

 テツ(牡3、兵庫・橋本忠明厩舎)は前走で金沢に遠征して、今回再戦となるフォアフロントらを抑えMRO金賞(1900m)を勝利。園田1870mの兵庫ダービーでも人気以上に走り5着となったようにこの距離設定は歓迎。重賞連勝なるか。

 他にも、重賞で好走を続けるフォアフロント(牡3、笠松・井上孝彦厩舎)、黒潮菊花賞で2着のディアレイカ(牝3、高知・那俄性哲也厩舎)、ただ1頭愛知から参戦の重賞2勝馬アンタエウス(牡3、愛知・川西毅厩舎)らが出走する。

 発走は18時10分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す