スマートフォン版へ

【大井・東京記念】伝統の長距離重賞に好メンバーが揃う/レースの見どころ(地方競馬)

  • 2019年09月16日(月) 17時00分
 9/18(水)に大井競馬場で行われる第56回東京記念。伝統ある長距離重賞で、今年は2連勝中のマルカンセンサーヤマノファイトを中心に15頭がゲートに揃った。主な出走馬は以下の通り。

■9/18(水) 東京記念(3歳上・SI・大井ダ2400m)

 マルカンセンサー(牝4、大井・高野毅厩舎)は紅一点の大井生え抜き馬で、今年に入り素質が開花。1月のTCK女王盃で2着、また4月の休養明けから5戦4勝と快進撃を続けている。2400mという距離は未知数だが、牡馬を撃破し重賞初制覇を果たすことができるか。

 ヤマノファイト(牡4、船橋・矢野義幸厩舎)は重賞を6勝しておりここなら実績上位。この馬にとっても距離が課題となるが、短夜賞(船橋)、文月オープン(川崎)とオープン戦を連勝してきており態勢は盤石。1月の報知オールスターC(川崎)以来の重賞勝利なるか注目したい。

 サブノクロヒョウ(牡6、大井・阪本一栄厩舎)は前走の東京記念トライアルで好位からしぶとく脚を伸ばし、17年の東京記念以来、約2年ぶりの勝利を挙げた。戦績から分かる通り大井の長丁場は得意条件。ここでも侮れない存在だ。

 センチュリオン(牡7、浦和・小久保智厩舎)は前走スパーキングサマーC(川崎)で1番人気を裏切り5着も、距離が短すぎたか。移籍後は大井記念で2着するなど2000mでは大崩れしておらず、また過去に白山大賞典(金沢)など2000m以上の重賞での好走歴もあることから、今回の条件に変わるのはプラスだろう。巻き返しなるか注目。

 他にも、トライアル2着のストライクイーグル(牡6、大井・藤田輝信厩舎)、同3着のスギノグローアップ(牡6、大井・福永敏厩舎)、移籍初戦の前走オーガスト賞(A2)で3着のピアシングステア(牡7、大井・鷹見浩厩舎)、スパーキングサマーCを逃げて3着したシュテルングランツ(牡8、浦和・小久保智厩舎)らも上位争いを狙う。

 発走は20時10分。

■調教追い切り動画


■陣営インタビュー





みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す