スマートフォン版へ

コパノキッキングなど、今週の主要調教馬場の時計/栗東トレセンニュース

  • 2019年09月19日(木) 12時00分
 今週は月曜が開催日、火曜が全休日、ということで、通常よりも短い日数での1週間。18日にレースに向けた追い切りを行った馬もいるが、大多数は19日に追い切りを行っており、坂路もCコースも大忙しの1日となった。

 ただ、19日は日差しこそあったものの、朝から涼しい風が吹き、時折、走りに影響を与えるくらいの強い風が吹いた。体感温度としても低く、いよいよ調整しやすい秋が近付いてきたといったところだろうか。

【坂路/4F51.9秒】
 9月18日。Cコースに比べると、追い切り頭数が多かった坂路。一番時計はプランドラー(栗東・池江泰寿厩舎)とクラシックココア(栗東・安田隆行厩舎)の4F51.4秒。後者は新馬だから、走りやすい馬場状態であることは間違いない。

 9月19日。一番時計はシンコーメグチャン(栗東・湯窪幸雄厩舎)の4F49.6秒。1F目から12.0秒で飛ばしていっており、さすがに4F目は13.8秒と大失速した。これは馬場というよりもスピードのバランスの問題。二番時計だったモズスーパーフレア(栗東・音無秀孝厩舎)は1F目13.1秒で入った後、12.0秒、11.8秒、12.8秒とまとめて、4F49.7秒。さすがのラップバランスで、スプリンターズS(9月29日・中山芝1200m)に向けた1週前追い切りを消化できている。

 同じくスプリンターズSに向けた1週前追い切りを行ったダノンスマッシュ(栗東・安田隆行厩舎)は、4F52.5〜3F38.1〜2F24.5〜1F12.0秒と予定通りの時計を出している。この動きに「ここまで本当に順調です」と安田隆行調教師。

 先週の馬場差は「-0.3秒」。馬場状態としては先週も今週もさほど変わりないはずなので、今週の馬場差も先週とほぼ同じ『-0.4秒』で記録している。

【CW/5F66.0秒】
 9月18日。週末のレースに向けて、追い切りを行っている馬もいるが、休み明けということもあって、オーバーワークを避けるために坂路を選択した馬も多かったように思う。その分、Cコースでの追い切りは少なめ。馬場自体は先週とさほど変わりない。

 9月19日。18日とは一転して、次から次に追い切りという状況。翌週以降の追い切りもこの日に集中しており、とにかくひっきりなしに追い切りが行われていた。こうなると時間帯によって、馬場状態が悪化するものだが、ウッドチップの入れ替え工事が終了していることもあってか、時間帯による時計の出方の変化というものはあまり感じなかった。

 ただ、時間帯によって、風の影響が多少あったかも知れない。ゴール前で少し止まり加減の動きになる馬は、最後の直線で外ラチから内ラチに向かって吹く風が応えたケースもありそうだった。

 そんな中で、時計に関係なく、力強い動きを見せたのがコパノキッキング(栗東・村山明厩舎)。東京盃(10月2日・大井ダート1200m)に向けての追い切りだが、道中のゆったりした走り、そして最後の直線での力強さは前回、栗東で見た時の動きよりも重厚感を増している印象。6F88.9〜5F71.8〜4F56.3〜3F41.2〜1F13.2秒と数字は遅いが、非常に中身の濃い追い切りだったように思う。

 先週の馬場差は「-0.5秒」。文中に記したように、風の影響があったようにも思える追い切りがあるが、全体としては先週とあまり変わりない時計の出方。よって、今週の馬場差も先週と同じ『-0.5秒』で記録している。

【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
 今週の芝馬場は19日に友道康夫厩舎が3頭併せを行ったりと、何組かの追い切りがあった。動きを見ていると、芝自体は走りやすそうな印象を受ける。よって、今週の馬場差も先週と同じ『±0.0秒』で記録している。

 ポリトラック馬場は依然として、追い切り頭数は少ない。ただ、馬場状態としては、適度なクッションがあって走りやすい状況ではある。今週の馬場差も先週と同じ『±0.0秒』で記録している。

※調教馬場横の数字は基準時計。この数字以下の時計であれば、標準より速い時計と判断してよい。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す