スマートフォン版へ

【神戸新聞杯】国内でも有数の「上がり順位が結果に直結するコース」/コース解説

  • 2019年09月22日(日) 06時03分
 22日に阪神競馬場で行われる神戸新聞杯(3歳・牡牝・GII・芝2400m)の舞台となる阪神芝2400m。このコースについて解説していく。

 阪神芝コースは内回りと外回りがあるが、阪神芝2400mは外回りを使用する。

 阪神芝外回りコースは一周距離2089m、ゴール前直線474m。一周距離は新潟に次ぐ大きさで、高低差は2.9mとなっている。

 スタンド前の直線からのスタート。初角となる1コーナーまでは330mで、下りスタートから約100m走った後、急坂を上る形になる。その後は平坦コースが続き、4コーナー半ばからゆったりと下る。ゴール前200m地点から再び急坂を上ってゴール。2400mの距離、二度の坂越え、ゴール前の長い直線と、かなりスタミナを要求されるコースだ。

 阪神芝2400m外は、国内でも有数の「上がり順位が結果に直結するコース」として知られているが、タフな舞台設定だけに、実力馬でないと最後まで脚が残らないという側面もあるのだろう。

 4回阪神は前半5日間はAコース、後半4日間はBコースを使用する。したがって、神戸新聞杯はAコース5日目ということになる。阪神の芝コースはオーバーシードで施行されるが、この4回開催だけは野芝100%で行われる。今開催は非常に時計の速い決着が続いており、3日間開催後半もその傾向は引き継がれていた。ただし、今週末は土日とも雨予報。傾向が変わる可能性も頭に入れておきたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す