スマートフォン版へ

【シリウスSレース後コメント】ロードゴラッソ藤岡佑介騎手ら

  • 2019年09月28日(土) 18時40分
阪神11Rのシリウスステークス(3歳以上GIII・ダート2000m)は6番人気ロードゴラッソ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分3秒5(良)。クビ差の2着に7番人気アングライフェン、さらに1馬身3/4差の3着に5番人気メイショウワザシが入った。

ロードゴラッソは栗東・藤岡健一厩舎の4歳牡馬で、父ハーツクライ母サッカーマム(母の父Kingmambo)。通算成績は14戦5勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ロードゴラッソ(藤岡佑介騎手)
「前から離れた位置でリラックスできましたし、自分のペースをキープできました。3コーナーでも手応え十分でした。後ろから交わされていい馬ではないので、強気に攻めましたが、よくしのいでくれました。まだまだ上を目指せる馬です」

2着 アングライフェン(川田将雅騎手)
「ハンデには恵まれませんでしたが、しっかりと走っています。特に馬の具合も良かったのだと思います」

3着 メイショウワザシ(松山弘平騎手)
「スタートは速かったのですが、同型馬がいて苦しい競馬になりました。それでも3着に粘るのですから、力を見せてくれました。もう少しでしたね」

4着 ジョーダンキング(岩田康誠騎手)
「展開ははまりましたが、直線に向いてから反応が鈍かったです」

6着 タイムフライヤー(C.ルメール騎手)
「距離が長すぎます。ラスト200mくらいまでは伸びていましたから、1800mまでだと思います」

12着 モズアトラクション(藤岡康太騎手)
「横の馬が暴れて、それにつられて出遅れました。それでも、元々後ろから行く馬なので構えていきました。ただ今日は気持ちの難しいところが出て、ハミがかりも良くありませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す