スマートフォン版へ

【毎日王冠】究極の瞬発力勝負になることも少なくない/コース解説

  • 2019年10月06日(日) 06時04分
 10月6日に東京競馬場で行われる毎日王冠(3歳上・GII・芝1800m)の舞台となる東京芝1800m。このコースについて解説していく。

 1〜2コーナーの間にあるポケットからのスタート。斜めに走って向正面に合流する。合流地点までは150mほどしかなく、外枠の馬は競馬が難しい。3コーナー手前で緩やかに上り、再度3〜4コーナーは下り坂になる。最後の直線は525.9m。残り480m地点から260m地点にかけて、高低差2mの上り坂が待ち構えている。坂を上りきってからはほぼ平坦。

 コーナー3つの変則的なコースで、最初の2コーナーは32度で進行方向を変えるだけ。実際は「ワンターン」のコース設定に近い。初角で先行争いが落ち着き、そこから3コーナーまでは距離があるため、前半のペースが上がりにくい。そのため、究極の瞬発力勝負になることも少なくない。

 毎日王冠は4回東京開催の2日目。4回東京は前半7日間をAコース、後半2日間をBコースで行う。したがって、毎日王冠はAコース2日目の開催ということになる。

 夏をじっくりと生育に充てられた上での秋開催。芝は絶好のコンディションが予想される。春の東京開催はヴィクトリアマイルで日本レコードが記録されるなど、非常に時計の出やすい馬場コンディションだった。また、先の4回中山が高速馬場だったのも記憶に新しい。同様の管理の元で開催されるのであれば、やはり時計の出やすい馬場になっている可能性は高いだろう。まずは、どの程度の馬場レベルになっているのか、1日目、2日目のレースでしっかりと見極めたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す