スマートフォン版へ

【レディスプレリュードレース後コメント】アンデスクイーン戸崎圭太騎手ら

  • 2019年10月03日(木) 21時40分
3日大井競馬場(曇・良馬場)で行われた牝馬限定のダートグレード競走、第16回レディスプレリュード(JpnII・1800m)は、レース序盤は後方から4番手を進み、3コーナーで好位置まで進出した3番人気のアンデスクイーン(JRA)が、直線では先に抜け出した1番人気ファッショニスタ(JRA)との競り合いをアタマ差制し、1分53秒2の時計で重賞連勝を飾った。勝利騎手はJRA戸崎圭太。2頭から離され、3馬身半差の3着にラビットラン(JRA)、先行して粘ったクレイジーアクセル(大井)がクビ差の4着、さらにクビ差遅れて5着にサラーブ(大井)が続いた。

勝ったアンデスクイーンは、父タートルボウル母レイナカスターニャ(その父キングカメハメハ)という血統で栗東・西園正都厩舎所属の5歳牝馬。通算成績は27戦7勝(うち地方2戦2勝)。

<レース後の関係者のコメント>
1着 アンデスクイーン(戸崎圭太騎手)
「重賞を連勝できて嬉しいです。内枠もあり、ある程度いい位置で、と思っていましたが、モタついてしまって、後ろになってしまいました。手応えは終始良く、追い出してからは反応してくれました。直線は差し切れる感じで伸びてくれました。先頭に立ってから遊ぶところがあって、差し返されそうになりましたが余裕はあったと思います。4回目の騎乗でしたが、使うごとに調子が良くなって、レースぶりも良くなっています。今後が楽しみです」

(西園正都調教師)
「ホッとしました。デキはブリーダーズゴールドカップに続いて、なお一層いい状態でした。レース前に話していたのと違う展開になってしまい、ヒヤッとしましたが、馬群に取り付いてからは安心して見ていられました。ハートの強い馬です。女の子ですがどこに行っても動じないところが長所です。この後はオーナーと相談しますが、JBCレディスクラシックは1400メートルですし、賞金を加算できたのでJBCクラシックという選択肢もあるかなと思います。馬名の通り、クイーンになってほしいですね」

2着 ファッショニスタ(大野拓弥騎手)
「以前に乗った時と比べて、馬にやる気が出てきました。集中力にムラがあるのですが、今日くらい集中して走ってくれるといいですね」

3着 ラビットラン(M.デムーロ騎手)
「頑張りました。久々の分か、ゲートでは駐立できていましたが、スタートが遅くなっていました。休み明けでしたし、何度か走っていれば違ったかもしれません。太い感じではなく、状態は今までで一番良かったと思います。よく頑張りました」

4着 クレイジーアクセル(吉原寛人騎手)
「頑張ってくれて良かったです。いつものギアは出してくれました」

5着 サラーブ(御神本訓史騎手)
「深いダートで少しずつ消耗していたかもしれません。展開はうまく行ったので、もう少し着順は良くなるかなと思っていたのですが......。転厩初戦としてはいい内容で走れていると思います。軽い走りをするので、南関東の深いダートは逃げようがない課題ですが、向き合っていくしかないと思います」

10着 プリンシアコメータ(岩田康誠騎手)
「気の悪いところを見せていて、進んで行きませんでした。追ってから嫌がってしまいました」

(取材:山本直)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す