スマートフォン版へ

【豪・コーフィールドC追い切り】メールドグラース馬なりで調整「楽にスピードに乗って走れていました」

  • 2019年10月10日(木) 16時30分
 10月10日朝オーストラリアのウェリビー国際検疫所にて、10月19日に行われるG1・コーフィールドCに出走予定のメールドグラースが来週末のレースに向けて芝コースで追い切りを行なった。

 馬なりで調整し、時計は5F70秒3F40秒。

 騎乗したノーザンファームの中崎氏は「4コーナーで促すと後は楽にスピードに乗って馬なりで走れていました。こちらに来てから初めての追い切りでしたが、動きに問題はありませんでした」とコメント。

 コーフィールドCではD.レーン騎手が騎乗する事が発表されており、前走G1・ターンブルSで2着と好走したフィンシュと並んで現時点で1番人気に推されている。

(取材:川上鉱介)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す