スマートフォン版へ

【秋華賞予想】 狙いは春の実績馬より夏の上がり馬!? 負けないオンナが推す注目馬は?/JRAレース展望

  • 2019年10月12日(土) 19時15分
 秋華賞アパパネジェンティルドンナアーモンドアイなど、クラシック2冠馬が出走していれば、それらがアッサリと勝って3冠馬となることもあります。しかし、一方で夏場の2勝クラス以上のレースを使われ、そこから連勝している馬が人気以上の走りを見せているケースも少なくありません。一昨年は夏場の1000万下・HTB賞紫苑Sを連勝したディアドラが優勝したように、このタイプは過去10年で4頭が勝利し、3頭が2着と好走しています。

 さらに今年は、桜花賞馬もオークス馬も不在。それだけに上がり馬にいっそうチャンスが巡ってくるでしょう。これまで春の牝馬クラシック馬が不在だった秋華賞といえば、2002年の秋華賞1度のみですが、この年も勝ったのは夏の北海道で500万下、1000万下を連勝し、ローズSも優勝したファインモーション。2着馬はクイーンSで3着、ローズSファインモーションの2着だったサクラヴィクトリアでした。

 今年、該当する馬は内枠からブランノワールパッシングスルーサトノダムゼルエスポワールの4頭のみ。このなかで最も人気するのは、前走で2勝クラスを勝って3戦3勝のサトノダムゼルでしょう。この馬は鞍上も「すごくいい」と強気です。

 とはいえ、秋華賞は平均ペースよりも速くなりますし、馬場が悪化するほど前に行きたい馬が増え、ハイペース化に拍車がかかるでしょう。そういう流れで先行した場合に、最後まで息が持つのかという疑問が残ります。

 逆に、前記4頭のなかで最もプッシュしたいのはエスポワールです。この馬が出走した2勝クラスのシンガポールTC賞も重馬場。このレースも重馬場発表ほど馬場が悪くなかったにせよ、標準的には時計を要していました。ここで2着馬に4馬身差も差をつけたエスポワールは消耗戦に強く、高い評価ができます。また、指数もオークスの2着と同等レベルです。

 つまり、今年はオークスの上位馬vs上がり馬エスポワールの対戦図式。そこに展開の後押しのある馬がどこまで食い込めるかでしょう。今回は前哨戦、ローズSの覇者ダノンファンタジーが1番人気に支持されるとなると、それなりの配当が見込めるレースになるのではないでしょうか。
(文=山崎エリカ)

今週末は、中央競馬の4日間開催や14(月)に行われる盛岡・マイルCS南部杯など今週末は注目のレースが目白押し。そこで、ウマい馬券では10/11(金)〜10/14(月)までの4日間、全員に毎日200ptプレゼント! 毎日アクセスして、この機会にプロの予想をのぞいてみよう!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す